鳩除けをして家を糞尿被害からしっかり守ろう

コウモリの被害の恐ろしさ

蝙蝠

駆除免許のある業者に依頼

コウモリの被害で怖いのは糞です。糞の中には色々な細菌やウィルスがあるので、家の中に持ち込まれる恐れがあります。コウモリは夜行性の動物なので昼間は暗がりで眠っています。そのため外から探してもなかなか見つけることができないのです。朝起きた時に窓のレールの桟などに小さな黒いツブツブが落ちていたら、それはコウモリの糞です。窓の戸袋の中に潜んでいるのです。また屋根裏に住み着くと糞が天井裏に溜まって異臭を発します。糞が乾燥すると風で飛ぶので、室内に最近やウィルスが撒き散らされます。コウモリの糞を見つけたら、すぐにコウモリ駆除の専門業者に依頼します。コウモリを勝手に捕獲すると鳥獣保護法違反になるので、許可を持っているコウモリ駆除の業者にやってもらうのが一番です。

屋根裏や戸袋に隠れ住む

コウモリ駆除の業者に依頼すれば、コウモリを排除するだけでなく予防対策も施してくれます。どんな狭い隙間でもコウモリは潜り込めるので、そのような穴を塞いでくれます。コウモリは夜空を飛び回るため、比較的高い所に住み着きます。個人で駆除しようとすると危険が伴いますが、コウモリ駆除が専門の業者には駆除用の道具が揃っているので任せた方が安全です。特に小さな子供がいる家庭では、コウモリの糞によって感染症を引き起こす恐れがあります。またノミやダニがコウモリを介して侵入することがあるので、皮膚病やアレルギー症状を起こすこともあります。小さな子供をこのような被害から守るためにも、一度屋内をコウモリ駆除業者に点検してもらう必要があります。被害がなくても、事前に予防措置をしておくだけで病気を防ぐことができます。