鳩除けをして家を糞尿被害からしっかり守ろう

安全確実に対策する

蜂

自分で対策するのは大変

日本で多くみられるハチは、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチの3種類です。家の軒下や木の枝、天井裏など、ハチの種類によって巣を作られてしまう場所は色々あり、スズメバチは土の中に巣を作ることもあります。ハチ退治は市販でスプレーなども売っていますが、スズメバチのような攻撃性の高いハチはもちろんのこと、アシナガバチやミツバチのように攻撃性が低いハチでも、巣を撤去しようと刺激すると攻撃をしかけてくることがあるので、自分で行うのは大変です。専門業者は、自分ではなかなか退治しにくい場所にあるハチの巣を撤去したり、危険なスズメバチにも対応してもらえます。専門知識や技術を持っているプロの手で、的確に安全に処理してもらえるという利点もあります。

アフターサービスの確認

業者によるハチ退治は、現地調査、見積もり、退治、予防というステップで行われます。料金形態は業者によって違いはありますが、種類による危険度の高さ、巣の大きさ、巣がある場所の難易度よって決まります。ハチの見た目や巣の形状から、種類の判別ができるようであれば依頼の段階から伝えておくと、おおよその費用もわかるでしょう。最終的な費用は、現地調査後に提示されますが、駆除後に追加費用が発生しないかを確認しておくことも大切です。また、ハチには戻り蜂という習性があり、巣があった場所にまた戻ってきてしまうことがあります。業者に依頼する時は、退治するだけではなく、戻り蜂の対策やアフターサービスについても確認しましょう。