鳩除けをして家を糞尿被害からしっかり守ろう

意外と多い鳩の害

住宅

物理的対策が効果的

鳩は、身近な動物として親しまれていますが、実は害獣としての側面もあります。鳩は人間の近くで暮らしており、家屋に巣を作ってしまうこともあります。すると、足音による騒音や、糞によるにおいや感染症の被害、景観が損なわれるなど、様々な被害が生じかねません。そのため、被害が生じる前に鳩除け対策を行っておくのが重要となります。鳩除け対策をするときは、科学的根拠に基づいて行うのが重要です。効果的なのは物理的対策によるものです。具体的には、ネットをはる、侵入口をふさぐといった方法が効果的です。忌避剤なども、初期の段階ならば一定の効果がありますが、住み着いている状態になるとほとんど効果がありません。物理的に侵入を防ぐ方法が最も効果的です。

やるならきっちりと

鳩除け対策を行うときは、きっちりと行うのが鉄則です。中途半端な鳩除け対策では、逆に鳩に居心地のよいスペースを作ることになりかねません。たとえば、ネットを張るときにしても、中途半端に張っているだけでは、逆に外敵の侵入を防ぐ安全な巣を提供することになってしまいます。鳩は高い帰巣本能があるため、中途半端な張り方では何とかして侵入しようと試み、わずかな隙間から突破されてしまうことも少なくありません。そうなると駆除も大変になってしまいます。そうならないためには、最初にきっちりと鳩除け対策を行うことです。業者に依頼するのが結果的には早くなることもあります鳩除け対策を行う場所は作業しにくい高所であることも多いので、業者に依頼するのが、コストはかかっても安全で確実です。

発生させないために

シロアリ被害が発生すると、調査や駆除、補修に多くの費用がかかることになります。しかし発生する前なら、それを防止するための対策費用のみで済みます。発生防止は、木材への防腐剤の塗布、調湿剤の設置によっておこないます。これらにより、木材が湿気で腐敗してシロアリの食糧になることを防ぎます。

コウモリの被害の恐ろしさ

コウモリは夜行性の動物なので昼間は暗がりで眠っています。多くの場合、家の屋根裏や戸袋の中に潜り込んでいます。窓の桟などに黒いツブツブが落ちていれば、それはコウモリの糞です。すぐにコウモリ駆除の業者に連絡をします。コウモリの糞は感染症やダニの被害をもたらしますので、駆除と同時に予防対策も必要です。

安全確実に対策する

ハチは、危険なスズメバチだけではなくても、巣を刺激されると攻撃してくることがあるので、自分で退治するのは大変なことが多いです。安全に退治してもらうには、専門業者に依頼するのが確実です。ハチには戻り蜂という習性があるので、退治だけではなくアフターサービスも行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。